タイルへのこだわり♡

今日は午前中、洗面化粧台の打ち合わせでした。


土地の開発申請の関係で夏まで着工待ちのYさま邸。
熊本本社のモデルハウス”おうちカフェ”が大好きだということで
赤い木製ドアが目印の素敵な外観になる予定です。

今回の打ち合わせは洗面化粧台。
オープンスタイルの手洗いなので見た目も大事、そしてもちろん使いやすさも大事です。

オーダーメイドで作るので自由にできる分、決めなきゃならないこともたくさんです。

なので洗面台のことだけでたぶん、100項目は超える説明と質問をしてます。。。。

たとえば

・使いやすさとかわいさを兼ねそろえた高さ、おすすめどころをお伝えした上で
 実際に顔を洗う動作をしていただいて高さを決める

とか

・お子さんが小さいうちは踏み台を使う?どこに置く?
 手が届くように伸びる水栓にしましょうか。

とか

・シェーバーや電動歯ブラシ、充電するものありますか?
 収納した状態で充電するならキャビネットの中にコンセントをつけることもできますよ。

とか・・・・

そんな話をしながら全体のカタチを決めていって、そのあと素材の話をします。




木のカウンター、ホーローのシンク、真鍮のタオルかけなどなど。
そして打ち合わせでとっても楽しみにしているタイル選びやつまみ選び。

いろいろなカタログ、サンプルを見ながらイメージを膨らませます。




組み合わせは無限!!



c0274374_16562024.jpg



ラフで描いたパースで確認してもらいます。



そして、選ぶタイルによって貼り方をひそかにこだわっています。

たとえば、ゼストのショップにある洗面化粧台の六角形タイル。。。

c0274374_16581179.jpg


ただ品番だけ決めて現場に指示してしまうとはしっこのほうがかわいく仕上がりません。


なので事細かに注文をつけます。

たとえば

c0274374_170612.jpg


カウンター正面の下がる部分の下のほうは下地のボードよりも貼り下げて波波に残して
スカートの裾のようにしてもらったり

c0274374_171304.jpg


曲がり角のところはうまく角と凹みを入れ込んで役物(ヤクモノ*)なしでかわいく仕上げられるよう
工夫したり。。。

(セオリー通りではないやり方を理解してくださる職人さんには感謝です)

こういうひと手間がおうちの仕上がりに大きく影響してくるんですよね。

なので

「なにが違うのかわからないけどかわいい!かっこいい!」

って言ってもらえるととってもテンションあがります^^



ちなみにヤクモノとは・・・・・

c0274374_17183268.jpg


タイル天板の角やはしっこに使うタイル自体がコーナー仕上げになったもののことです。

タイルの種類によってはない場合もあるのでそんなときはまた違う一工夫を考えますっ


***************************************************

ゼスト倉敷オフィスのHPはこちらから>>⌂⌂⌂

******************************************

日本ブログ村に参加しています。よろしかったらクリックお願いします↓↓↓^^

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
>
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ヴィンテージインテリアへ
にほんブログ村
by asaie | 2015-02-23 17:22 | outi | Comments(0)