倉敷市、総社市を見て感じる今必要なボランティア協力と募金

焼けるような暑さの中、被災地での作業は続いています。

私が手伝いに行った地域の写真、ツイッターからお借りしました。


c0274374_23475896.jpeg
行った時はまさにこの状態でした。


c0274374_23481144.jpeg

二階まで水があがったところも多く、家財道具を外に出すことが大きな作業です。

一軒にひとりのボランティアでは、作業効率も悪く、進まないので同じところに何人かで入った方が良さそうです。マンパワー助かります。

実際、避難所も訪ねてみましたが
いろんなところからの支援もあり、物資は足りているようです。
そして被災した方、被災した親戚や友人を助けに行った方々にも本当に必要なものは何か訊ねてみました。

すると返ってきた答えは。。。
「手伝ってくれる力持ちの人」
「泥や瓦礫を集めるための重機」

ということでした。
瓦礫はどんどん道に積み上げられ、
交通に影響を及ぼすほどになっています。

そして、現地に入るまでの道の渋滞。
どうか、手伝いに行かれる時は交通の妨げにならないよう、お願いしたいです。


そしてこれから大きく必要になるお金。
現地まで行かなくても、募金は出来ます!
どうか、みなさま。
無理のない範囲の中で被災された方々をサポートしてください。





ブログランキングに参加しています。
記事を気に入っていただけたら
写真をポチっとクリックお願いします^^



にほんブログ村
by asaie | 2018-07-14 23:46 | iroiro | Comments(0)