人気ブログランキング |
気分の上がる美味しいもの。



c0274374_00225528.jpeg

児島の山奥にある鳥料理専門店の『梟亭』さんに行って来ました。


c0274374_00231336.jpeg



なんとも不思議な作りの佇まい。



c0274374_00252387.jpeg

メニューは鳥料理を中心に。
唐揚げ、チキン南蛮、いろいろです。
そして鶏肉自体は七輪で焼くスタイルです。

c0274374_00253690.jpeg

親子丼も最高!!!!



美味しいもので英気を養ってまた、明日から頑張ろう、と思います。

ところでタイトルのNHK。


特番やってましたね。
シリーズ子どもの“声なき声”。



その中に出て来たオランダの学校のシステム。
いろんな学年の子がクラスにいて
立って勉強してる子、隅っこで話を聞いている子など、
居場所も姿勢も自由な学習。

これを見て、子どもたちが子どもの時に通っていた
イギリスの現地校を思い出しました。

その現地校は外国人の子ども(もちろんわが家の子たちも外国人)が多く、さまざまな環境から来た子どもばかり。
子どもたちは最初、文化も言葉も違う学校生活にストレスを感じたり、泣いたりもしていましたが、先生たちがとても柔軟で「ほかの子と違うこと」を当たり前に受け止め、「できるサポート」を一生懸命考えてくれていました。

学習に関しては、宿題はほぼ無くて、自由すぎる教室の様子に大丈夫かしら??と思うこともありましたが、5年通って日本に戻った時も、なんとか授業についていける基礎学力は身についていました。
(漢字や国語は一応、家庭学習でカバーしましたよ💦)


でも、日本では良い学校に入るための中学校入試試験はとても難しい💦
そしてそれを解くための勉強をみっちりしている小学生の多いこと。
大変だなあ、としみじみ思います。


机を並べて足並み揃えた授業に慣れている私たちは変わったことをするのに躊躇するのもわかります。

でも、これからの子どもたちのためには
柔軟に変えていかなきゃならないところがあることも、
やっていかなきゃならないことの1つでしょう。


変わっていくことへの恐怖を克服して頑張らなきゃー!と思います。

なんとかせんとね。ニッポン!!




女性建築士ブログランキングに参加しています。
記事を気に入っていただけたら
写真をポチっとしていただけるとうれしいです



にほんブログ村
このところの気温の上昇で一気に蕾が開いた花たち🌸


c0274374_22484837.png
まずはこの季節の代表選手、バラ。


わが家の玄関先に植えているバラは年々すくすく育っています。
ふわっとシフォンをかけたような 優しいオレンジのバラは毎年たくさんの花をつけてくれます。
ただ、こちらの品種は花持ちが短くて1日で花びらがはらはら落ちていきます。

切り花には向かないこのバラ。だけど、刹那的な花の命になんだか勇気をもらってます。




オフィスの植え込みも歳を重ねていい感じに賑やかになってきてます。

c0274374_22490622.jpeg
アリッサムやバーベナ。パープルがかったピンクがいい色合い。

c0274374_22492037.jpeg


これはヒューケラの花。葉っぱが可愛くて植えてますが花が咲くとまた素敵。


c0274374_22494616.jpeg

ジューンベリーは花の季節は終わっていて果実になる準備中。


c0274374_23013063.jpeg

これはブルーベリー。今年は特にたくさん花をつけたので収穫も楽しみです。

c0274374_22503144.jpeg

紫の小花がかわいいタイム。

c0274374_22504968.jpeg
そして南フランスを思い出すラベンダー。

なんとも賑やかで楽しいガーデン
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*




仕事の合間にふらっと外の空気を吸いに出ると
この光景。
なんて幸せなんだろう〜〜💕



そしてこの季節のもう1つのお楽しみはこちら。

c0274374_22511073.jpeg



わが家の軒下にも来てくれました。
絶賛、建築中のツバメのカップル。

暗くなってから家に戻るとこの体勢で仲睦まじく就寝してます笑笑
かわいすぎです🐧







女性建築士ブログランキングに参加しています。
記事を気に入っていただけたら
写真をポチっとしていただけるとうれしいです



にほんブログ村

c0274374_23304041.jpeg


印象派の画家、クロードモネ。
彼の過ごした家と彼が生前心を尽くした庭が
パリの郊外、ジヴェルニーという村にあります。

日本びいきで浮世絵に影響されたり、
日本の風景を再現しようと庭に太鼓橋をかけてJapanese gardenを作ったというモネ。

その暮らしと空気感を味わいに行ってきました。

Saint-Lazare (サンラザール)駅を出発してVernon(ヴェルノン)駅まで約45分

そこからはジヴェルニーまでシャトルバスが出てるとのことだったのですが、


c0274374_23311579.jpeg
これ!シャトルバスというよりテーマパークのアトラクション的な乗物が待っててくれました。
これに揺られて街並みや風景を楽しみながらようやく村へ。




c0274374_23320666.jpeg
停留所からは歩いてモネの庭をめざします。

c0274374_23325018.jpeg
途中見かける建物や看板のチャーミングなこと!!

c0274374_23331662.jpeg

大都会パリでちょっと疲れた心には癒しの光景。

風景を楽しみながら到着したモネの庭。

c0274374_23340096.jpeg

色彩感覚が独特〜!


c0274374_23343087.jpeg

このブルーの小花と柔らかいピンクのチューリップなんて、初めてみる組み合わせ。


家の中にも入ることができます。

c0274374_23351027.jpeg
彼の過ごした部屋には竹をモチーフにした家具や浮世絵、彼自身の作品たちがあちらこちらに。

c0274374_23353365.jpeg
可愛い部屋❤️


c0274374_23355215.jpeg

階段も独特な色合いです。

うわぁ〜〜と思ったのはこの部屋。
ダイニングです。

c0274374_23362337.jpeg
全面黄色!!
どんな効果を狙ってこの黄色にしたのか???



そしてその隣にあるキッチンは
c0274374_23364875.jpeg
ブルー!タイル遣いが絶妙です。

さて、家を堪能した後は再び庭に。

奥の方のジャパニーズガーデンへ近づくと、植物も心なしかも日本ぽい。

c0274374_23375658.jpeg
ワスレナグサ、シャクナゲ、ツツジ、竹、もみじ、、、、

c0274374_23382219.jpeg
吸い込まれそうな竹林。
c0274374_23385549.jpeg

太鼓橋に藤棚も!!
c0274374_23392046.jpeg

この池。モネの連作、「睡蓮」の生まれたところ。
c0274374_23394277.jpeg
モネはこの景色を見ながらインスピレーションを沸かしんですねー。
なんだか感動。
c0274374_23401105.jpeg


c0274374_23404196.jpeg

最後にまた、アーチの花壇を眺めながら。。。
c0274374_23414108.jpeg

またまたアトラクション的乗物に乗って。。

c0274374_23440016.jpeg
電車に乗りつぎホテルまで帰宅しましたよ。




割と遠くて疲労したので、夕食は近くのビストロへ。
c0274374_23425558.jpeg



c0274374_23433343.jpeg

美味しいご飯でした。
もうひと頑張りのパリ編、次回につづく!!


ブログランキングに参加しています。
記事を気に入っていただけたら
写真をポチっとクリックお願いします^^



にほんブログ村